Entries

郵政民営化の齎すもの

stop


「独立メディア:今日のコラム」に、郵政民営化の齎す重大な結果を詳細に述べた論文が掲載されています。
本職の論文ですが私の文章より、読み易い様に感じるのはヒガミか?。


「郵貯・簡保の自然縮小と国家財政基盤の崩壊」
(~郵政「民営化」幻想の勝利-不可避となった財政破綻~)



経済予測は当たり難いものです、何故なら、信憑性が高ければ高いほど人々はその予測の裏を画こうとするからです。共通認識となった予測は、外れる運命に有るといっても言い過ぎでは無いでしょう。


その意味では、こんな恐ろしい予測は押し広めた方が良いでしょう、決して当たって欲しくは有りませんから・・・。



スポンサーサイト

2件のコメント

[C38]

 トラックバックを頂戴したので伺いました。こちらで紹介されている論文を読ませていただきましたが、大変勉強になりました。
  • 2005-11-11
  • 投稿者 : アッテンボロー
  • URL
  • 編集

[C40]

アッテンボローさん ようこそ!。
専門家の文章ですから説得力が有りますね。
でも当たらない事を祈ってます。
  • 2005-11-12
  • 投稿者 : 狂愚男
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

4件のトラックバック

[T8] 忌むべきルサンチマンの連鎖

2005.10.14 15:31 郵政民営化法案、参議院で可決投票総数234 白票134 青票100小泉純一郎30年に及ぶルサンチマンがここに結実すると同時に、私は個人では支ええきれない質量のルサンチマンを抱えることになった。悪夢は、まごうことなき現実となって私の前に現出した。

[T9] 今、抗議の声をあげずにはいられません。- 新自由主義革命へのプロテスト

 「小泉改革」の政治に抵抗し抗議するブロガーのネットワークを呼びかけたい。と世に倦む日日が表明されてから、もうじき2週間。最初、世に倦む日日にいつもTBされているブログの方々の参加表明が多くみられましたが、最近、少しずつ増えている参加表明は、私がこれまで

[T13] 究極のマネーロンダリングとしての小泉郵政改革――河宮・青木論文(2005-10-09)を読む

郵貯・簡保の自然縮小と国家財政基盤の崩壊 【解題】独立系メディアに発表された標題の論文の頭に付ける短いコメントのつもりだったのだが,文字数制限に引っかかって入らなくなってしまったので独立のテキストとして分離した.紹介文のつもりで書いているので,もとより本

[T20] 郵政民営化とは本当は何なのか - 公社分割と株式売却の中身

公示日を迎えて選挙戦は事実上終盤に入ったが、マスコミの調査報道では相変わらず小泉自民党の支持率が高止まりしたままの情勢が伝えられている。マスコミ報道で見る限り、「郵政民営化」は賛成論が圧倒的な世論となって反対論は異端として縮小する一方のように映るが、ネッ
トラックバックURL
http://kagee.blog23.fc2.com/tb.php/122-263e6cd7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

★Hサイトからのスパムが激しいのでコメント&T/Bは承認制にしました、表示までに半日程度かかりますがご容赦下さい。

景山 恵司

Author:景山 恵司
FC2ブログへようこそ!


岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

オールタナーティブ・インテリジェンス

経済コラムマガジン2

最近の記事

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

愛読書&最近読んだ本



貨幣の思想史

昭和恐慌の研究

働くということ

トービン税入門

イギリス経済思想史

21世紀の資本


月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: