Entries

デンマーク大使館焼き討ちに思う

「イスラムの戯画」問題で騒がしいのですが、当初から違和感が有り様子を見ていたのですが、中日新聞14日朝刊に「ムスリムは穏健姿勢」と題した記事が載りました。
全野




こう有るべきです、デンマークの新聞社には言論の自由が有る事は間違い有りません。またイスラム社会が抗議の声を上げるのも当然です、但し、そこに「暴力」が介在する事は何の解決にも繋がらないでしょう。


「パレスチナのハマスの最高指導者マシャル氏は9日、『宗教が関係する場合は(言論)自由を規制するよう欧米諸国に求める』『彼らと共に状況の沈静化に努める』と語った」


「エジプトのムスリム同胞団指導者イサム・イリアン氏は『抗議するだけで無く、イスラムの文明に敬意を抱いてもらい、今後あのような侮辱を避ける事が大切だ』指摘。ハマスの姿勢にも触れ『同胞団と同様に穏健で現実的。(占領への)抵抗は武力闘争だけを意味しない。(近く予定される)指導部のロシア訪問など政治的にもあらゆる手段を用いて抵抗する』と述べ、対外関係を重視する立場を強調した。


ベイルートやダマスカスにおけるデンマーク大使館焼き討ち事件は、背後にシリア・レバノン両政府の権力闘争が絡んで居るようで、一部の恣意的な「煽り」が有った様です。

stop



「宗教の尊厳」が至高とする原理主義も、イスラムは原始的とする侮蔑主義も共にホローコーストを招きかねません。確かに局地的にはブッシュや小泉などの偏狭な指導者の影響を避けきれませんが、地球的にはまだまだ「人の知性」は信頼出来ると思います。軽軽しく挑発に乗って、「人類の分割統治」を狙う勢力の野望に利用されない様に、「建設と破壊」を繰り返す度に「利」を得る勢力に荷担し無いようにしたいものです。



fc2ランキング ← 気になりましたら、ポチっとお願いします


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

3件のトラックバック

[T96] [社会]ムハンマド特集、仏紙が増刷へ 最終売り上げ40万部超

 8日発売号でイスラム教の預言者ムハンマドを題材にした仏漫画週刊紙「シャルリー・エブド」は、この特集号を来週も売り続ける方針だ。同日昼の16万部完売を受けて増刷を急いでおり、最終的な売り上げは40万部を超える見通しという。欧州最大のイスラム社会を抱え

[T97] 風刺画についての意見あれこれ

どうも政治ランキングでもいまいち盛り上がっていない風刺画関係の話題。こんなに危険かつ問題が凝縮された事件なのになんででしょう?そう思い、このエントリーを立ち上げました。

[T100] ボリビアの新しい大統領は「“共同体”社会主義者」

南米ボリビアで1月22日、社会主義運動党首のエボ・モラレス氏(46)が大統領に就任した。氏はコカ栽培農家の出身。貧困地域で不可欠な収入源となっているコカ生産を擁護している。同国の人口の約6割を占める先住民が大統領になるのは初めて。議会での就任演説で「疎外
トラックバックURL
http://kagee.blog23.fc2.com/tb.php/161-3fe55ea9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

★Hサイトからのスパムが激しいのでコメント&T/Bは承認制にしました、表示までに半日程度かかりますがご容赦下さい。

景山 恵司

Author:景山 恵司
FC2ブログへようこそ!


岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

オールタナーティブ・インテリジェンス

経済コラムマガジン2

最近の記事

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

愛読書&最近読んだ本



貨幣の思想史

昭和恐慌の研究

働くということ

トービン税入門

イギリス経済思想史

21世紀の資本


月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: