Entries

貨幣の縛りー1

マルクス経済理論であろうと、ケインズ経済理論であろうと、新自由経済理論であろうと、社会主義であろうが、共産主義であろうが、資本主義であろうが、「貨幣経済」である事には違いは無いのですから「貨幣の原理」と言う縛りを逃れる事は出来ません。これをいち早く徹底的に極めたのが「ユダヤ一族」だったのだと思います、そして彼らはその財力に物を言わせこの目に見えない「経済原理」を更に見え難くする為に、数々のトンでも経済理論を蔓延らせた、と言うのは穿ち過ぎでしょうか。


◆「経済は制度」

「経済学」等と言われると如何にも、自然的自発的な社会現象が有る様に思われるでしょうが、そうでは有りません経済は人為的な「交換行為」に過ぎません。
其れも基礎的に法律により制度化されたシステムなのです、約束事に過ぎないのです。その約束事の範囲において人は「如何に行動するか」を研究し経済の目的に沿った方向への道筋を示すのがマクロ経済学であり、それを制度的に実現するのが政治の役割なのです。そんな「経済理論」に於いて唯一例外的に、素朴な原理現象を持つのが「貨幣」です、その余りの素朴さに注目もされず貨幣価格にばかり目を奪われ、勢い人々の認識の外に置かれるのが「貨幣の原理」でしょう

私は個人的には、ミクロは「経済学」とは言うべきではないと考えています、一国全体の経済を対象とするマクロ「経済」と、一経済主体(一企業や一個人)の欲得を基準とするミクロな「経済」行為では性格も発想も意義も余りにも違い過ぎるのです。それを共に「経済学」で括るから一般国民が恣意的な欺瞞に嵌められるのです、ミクロは「経営学」なのです、企業にしても家庭にしても個人にしても、その財布の経営を行う為の効率的方法を考えるのですから「経営学」であり、一国全体の経済制度を考える「マクロ経済」、即ち「経済学」とは次元が違うのです。これを一緒くたに「経済学」で括るから、個人的利益の追求(我欲)を旨とする「経営学」的には正しくとも、一国の経済制度の運営を旨とする「経済学」的には大間違いな政策が、一般的無知を悪用して政界に蔓延る事に成るのです。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1件のトラックバック

[T143] 経済社会にとって非合理な「利息」

ユダヤ教及びキリスト教が同胞からの利息取得を禁止し、イスラムが利息取得を禁止し、日本も前近代まで利息取得を原則として禁止していたように、利息取得を公に認めている「近代」のほうが異常な社会です。(キリスト教は旧約聖書もベースにしていますから、“最低”でも同
トラックバックURL
http://kagee.blog23.fc2.com/tb.php/184-53b3aa00
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

★Hサイトからのスパムが激しいのでコメント&T/Bは承認制にしました、表示までに半日程度かかりますがご容赦下さい。

景山 恵司

Author:景山 恵司
FC2ブログへようこそ!


岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

オールタナーティブ・インテリジェンス

経済コラムマガジン2

最近の記事

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

愛読書&最近読んだ本



貨幣の思想史

昭和恐慌の研究

働くということ

トービン税入門

イギリス経済思想史

21世紀の資本


月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: