Entries

見えない故に存在確認できる事もある。

政府の線量基準は将来の賠償問題への逃げ道!

上の記事には「事実確認の出来ない風評に繋がる、単なる憶測!」との批判を頂いて
いたのですが、一つの回答に成りそうな記事が中日新聞(2012/4/25朝刊)に載りま
した。
ネット紙面には見つけられませんでしたので以下を代わりに貼って置きます。

肥田舜太郎さんに聞いた

やはり政府と東電は将来の被害賠償「切捨て」への基準を作っていたのです。
ICRP基準自体が被爆者の健康回復を目的としたものではなく、米国による広島・長崎
に於ける原爆の威力確認の為のAPCC調査を基にしているからだと言う。

従って、爆発後の体内被曝等による発症は調査対象では無かったのです、この事実は
政府・少なくとも防衛庁&厚労省の官僚は周知の事実ですから、にも拘らず政府に依る
一連の基準設定はICRP基準すら無視したものだったのです、これに基づく「被爆」被害
認定は、事実を反映できない事になります。

「憶測」との批判には以下、暗黒物質やブラックホールは見えない故に存在確認が出来る
のだとお答えして置きます。





スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kagee.blog23.fc2.com/tb.php/292-cb7e42b1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

★Hサイトからのスパムが激しいのでコメント&T/Bは承認制にしました、表示までに半日程度かかりますがご容赦下さい。

景山 恵司

Author:景山 恵司
FC2ブログへようこそ!


岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

オールタナーティブ・インテリジェンス

経済コラムマガジン2

最近の記事

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

愛読書&最近読んだ本



貨幣の思想史

昭和恐慌の研究

働くということ

トービン税入門

イギリス経済思想史

21世紀の資本


月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: