Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kagee.blog23.fc2.com/tb.php/319-bbb9838a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

韓国の市民生活も当然ながら・・・

大企業の躍進が大々的に報道され、右傾化を強める韓国社会!、その実態は以下のように
市民の感覚を「金持ち喧嘩せず」の真逆に追い込むのです。
我が国の市民も、恐らく中国市民も似た様な感覚に追い込まれているでしょう。


韓国速報 2012/10/24


韓、殺人的な“就職難”…外国に追い出され
 殺人的な就職難が韓国人を外国に追い出している。高校生から白髪の老人に至るまで「雇用」を求めて海外に出かける。このようなエクソダス(脱出)隊列には40代以上の中・壮年層が大挙合流している。
 だが、彼らの前に置かれた未来は容易でない。膨らんだ夢を抱いて外国行を選ぶが、失敗して戻るケースが多い。単独で外国を飛び回って家族・友との縁故が切れる場合もある。異国での生活をたたんで、故国に戻ってみるが、定着できないまま、また荷物を包むことを繰り返したりもする。

 23日、海外就職博覧会が開かれたソウル三成洞のコエックスでは、中東の建設労働者を募集するある企業の相談窓口にはスーツ姿の求職者らが混雑した。列をつくった彼らは半白が中年紳士だった。人生に余裕を持ちそうな年齢だが、表情は社会新人のように緊張していた。

 李某(47)氏もそのうちの一人だ。李氏は、「会社で構造調整の話が来て、退職金を出して追い立てるので出た」として、「肉体労働をしてみたことはないが、働き口を捉えるために、海外へ視線を転じた」と話した。

 海外へ就職に旅立つ韓国民は2010年を基点に爆発的に増えている。韓国産業人材公団によれば、海外就業者数は2008年1434人から2010年2719人と、2倍程増え、昨年には4057人に増えた。特に働き盛りの歳である40代以上の中・壮年層は2008年96人から、昨年には246人に増えた。

 このような現象は底をはう雇用率と深い関連がある。8月の雇用動向によれば韓国の雇用率は64.3%に過ぎない。失業率は完全雇用に達するほど低いが、実際の雇用を現わす指標はオーストラリア71.6%、日本70.7%、米国67.2%より大きく低い。仕事をする所がないと見ると、やむを得ず、海外に出て行くほかはない状況であるわけだ。

 雇用労働部関係者は、「最近、中・壮年層も海外就職市場に飛び込んでいる」とし、「彼らはサービス業種を好む青年層とは違い、建設労務者も拒まない」とした。それだけ家族を扶養しなければならない切迫さがにじみ出ている。

 若年層はもちろん老年層でも海外就職ブームが起きているのは同じだ。地方大出身の張某(24・女)さんは、「国内の大企業は学閥と専攻にともなう就職制限がひどすぎて、外国系企業で勤めた後、経歴を認められて、国内企業に転職しようと考え中」と話した。

 公企業出身の安某(74)氏は、「経済が難しいが、子供らに寄り添うのが嫌で、海外就職をしようと思っている」と話した。

 だが、海外就職に成功したといって、バラ色人生が繰り広げられることではない。これからは長い“股旅”が待っているのだ。

 金某(46)氏は、「20代半ばに外国のあるホテルに就職したが、海外就職2世代ぐらいなるだろう」とし、「海外を回って定着しようと国内に戻ったが、何のつてもなく、ずっと地方を転々として、結局また海外に出て行く計画」と打ち明けた。

韓国速報 12/10/24



「経済と経営と貨幣について」









スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kagee.blog23.fc2.com/tb.php/319-bbb9838a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

★Hサイトからのスパムが激しいのでコメント&T/Bは承認制にしました、表示までに半日程度かかりますがご容赦下さい。

景山 恵司

Author:景山 恵司
FC2ブログへようこそ!


岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

オールタナーティブ・インテリジェンス

経済コラムマガジン2

最近の記事

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

愛読書&最近読んだ本



貨幣の思想史

昭和恐慌の研究

働くということ

トービン税入門

イギリス経済思想史

21世紀の資本


月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。