Entries

日銀の資金循環統計(速報)

 日銀が17日発表した資金循環統計(速報)によると、2015年度末の家計の金融資産残高は1年前に比べ0.6%減の1706兆円となった。前年度末の水準を下回ったのは7年ぶり。株安や円高が進み、保有株式や投資信託が減少したことが主因だ。4月以降も株安傾向が続いており、金融資産の目減りが個人消費を下押しする恐れが出ている。
 資産の内訳では、株式などが9.9%減の153兆円となり、7年ぶりに減少した。

 日銀の金融緩和が狙ったインフレターゲットが,,何故計画倒れに成ったのか、未だに黒田総裁は理解出来ていないようだ。

 金融緩和が効果を及ぼすのは「サプライ(生産)サイド」だけだと言うことです、「ディマンド(消費)サイド」へは殆ど効果を持たない、それは金融の対象は企業に限られる事からも理解できる筈です。
実際に今回日銀が遣ったのは、国債や社債等の有価証券の買い入れです、大量に持っていたのは銀行や大企業や資産家です、既に有り余る貨幣(口座の数字)を持っている連中の口座の数字が大きくなっただけなのです。

 銀行から住宅ローン等の消費サイドへの金融緩和は額が知れているし、所得の将来増に期待の持てない経済環境では返済計画も立てられない、そんな時に借り入れしてまで買うでしょうか、買ったとしても破産するのが落ちです。

 生産サイドも当然吸い上げる貨幣が無い事は承知していますから新たな「投資」はしません、緩和によって供給された「口座の数字」は直接(企業から)・間接(配当株主等)に投機(凍結)市場に流れ込み株高や先物価格の上昇を齎して更なる生活経済市場へ悪影響を与えたのです。

 詰まり、現状は「新自由主義経済システム」の終末段階に来ているのだと言う事です、もう生活経済市場から吸い上げられる貨幣は無くなっていると言う事なのです。
 「小泉・竹中」等が新自由主義を掲げ強欲な官僚や経団連等とつるんで「構造改革」なる「強収奪システム」を作らざるを得なかったのは、時すでに生活経済市場には99%が正常な経済生活を営むだけの貨幣は供給されて居なかったのです、バブル期に過剰な貨幣の偏在を引き起こした後だからです。

2017/7/21 <追記>
 年金機構の資金を投機市場へ強制的に投入させたのは、株価の吊り上げもさることながら生活市場には吸い上げる貨幣が無くなっている事から、強奪しようにも無いものは強奪出来ません。そこで溜まっている年金資金を食い散らかそうと言う事でも有るのです。無論、安倍・麻生・菅・竹中等と言えども間抜けも居ますから全員が儲けられた訳では無いでしょう、欧米系の銀行やファンドに相当食われたとも聞きますから、ドジって損失を被った連中も居るとは思います、詳細は数年後の統計を見ないと(出して来ればですが)確定は出来ません。
しかし、狙いはここに有るのは明らかです。
<追記 此処まで>

 そこへ消費税等、更なる「強収奪システム」で強引に貨幣を吸い上げたのですから、貧困が先進各国中最悪に成るのは当然の結果です。
 中間所得層は下級へ・下級は貧困へ・貧困は極貧困へ・と一段階づつ下がってしまったのが現状です、正に国を挙げての自殺行為ですこれ以上続ければ「恐慌」にまっしぐらに進んで仕舞います。
 「基本的経済要素」たる我が国の人口は、長期(少なくとも20年)に渉る経済政策の失政により減少しつつ有ります。基盤として経済縮小期に入っているのです。

 今後、政府が如何なる経済活性化政策を採るとしても、問題は財源を何処に求めるかと言う事です。使い方もさりながら、取り方が消費税等の生活経済市場から取ったのでは更なる悪化を齎すだけです。
 「巨額資産」や「消費されない所得(限界消費性向)」等の{凍結貨幣}から取り政府が代わって消費すれば、その分の貨幣は確実に生活経済市場に還流して活性化させられるのです。

 参議院選挙真っ只中です、どの政党が以上の経済政策を採り得るのか良く判断して、自殺行為をこれ以上繰り返さない事が肝要です。

 21世紀の現在に於いても「民には知らせるべからず、寄らしむべし」を再現し様と企むような連中にはご退場頂かなければ、日本の将来は真っ暗闇に成ります。




スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kagee.blog23.fc2.com/tb.php/368-12d4f40f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

★Hサイトからのスパムが激しいのでコメント&T/Bは承認制にしました、表示までに半日程度かかりますがご容赦下さい。

景山 恵司

Author:景山 恵司
FC2ブログへようこそ!


岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

オールタナーティブ・インテリジェンス

経済コラムマガジン2

最近の記事

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

愛読書&最近読んだ本



貨幣の思想史

昭和恐慌の研究

働くということ

トービン税入門

イギリス経済思想史

21世紀の資本


月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: