Entries

アホノミックス全開宣言!!

 安倍がこの度の参議院選挙を経て改憲勢力2/3を得た事で、更に「アホノミックス」を推し進めると宣言した。安倍の経済私物化(恣意的)から出てくる政策が、更に格差を広げる物になる事は自明であろう。

 中間層は下層へ、下層は貧困へ、貧困は極貧へと落とし込まれるのは眼に見えている。彼の頭には「我欲とスポンサーへの利益誘導」しか無いのです、従って財政出動は仕方の無い所ですがその「財源の求め先」が庶民の懐を狙うのは間違いないでしょう。福祉予算や教育予算を削って公共事業につぎ込めば、潤うのは大企業とその資本家への利益誘導にしか成りません。赤字国債の増発に求めれば将来の低所得者への増税に繋がり、これまた一層の格差拡大に資するでしょう。

 有権者の2割の確信犯の仕掛け人(安倍一派の様な)と、2割の抵抗勢力(社会重視派)と、6割のB層(棄権者を含む)による合作により実現した政治勢力図は今年中にも日本社会を地獄界へと酷民を誘う事になるでしょう。

 安定多数を得た安倍一派はこの時とばかりにこれら「我田引水」政策を強行して来るのは眼に見えています。安保・軍備関係も遣りたい放題に成ります、其の先には当然「徴兵制」が見えているでしょう。これらは全て、安倍一派へ投票した有権者と棄権した有権者「酷民」の責任です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[東京 10日 ロイター] - 安倍晋三首相は10日、参院選の結果を受けて民放テレビの番組で、アベノミクスについて「しっかり、この道を力強く進んで行け、と信任を得ることができた」と述べた。

憲法改正については「憲法のどの条文をどう変えるのか、議論収れんしていない」とし、憲法審査会で議論を詰め、国民投票で国民に問いかけるとした。

内閣改造について「力強く経済政策を進めるうえで、新たな布陣を作っていきたい」と述べ、時期については「経済政策の策定状況をみながら、与党とも相談していく」とした。

衆議院解散については「解散の『か』の字も頭の中にはない」と否定した。

今秋に策定する経済対策の規模について、参議院選挙が終わったばかりで今は言えないとしながら、「包括的かつ大胆な力のある」対策を組みたいと答えた。

2016年度の第2次補正予算の提出時期も、経済対策の策定状況をみながら、与党と相談していく方針を示した。

一方、財政健全化に関し、「2020年のプライマリーバランスの黒字化目標は堅持していきたい」との考えを示し「デフレを脱却し、税収を増やしたい」と述べた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kagee.blog23.fc2.com/tb.php/372-e98f3c02
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

★Hサイトからのスパムが激しいのでコメント&T/Bは承認制にしました、表示までに半日程度かかりますがご容赦下さい。

景山 恵司

Author:景山 恵司
FC2ブログへようこそ!


岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

オールタナーティブ・インテリジェンス

経済コラムマガジン2

最近の記事

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

愛読書&最近読んだ本



貨幣の思想史

昭和恐慌の研究

働くということ

トービン税入門

イギリス経済思想史

21世紀の資本


月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: