Entries

ベーシックインカム映画案-増山 れな

ベーシックインカム映画案-増山 れな

https://www.facebook.com/rena.masuyama.9?fref=nf

 これも、「原資を何処に求めるか?」が大切なのです。

 消費税等を持ち出したら全く意味が無くなります、まずは銀行の博打市場への資金投入を禁止して、其の上で、「限界消費性向」を超える所得への累進強化に求めねばいみが無いのです。

 限界消費性向を超える所得の殆どは博打市場で凍結されてしまいます、企業も同様に、近未来の投資資金として留保するのは認めても、後日別途への資金流用は追徴課税が必要です。
 所得した貨幣は誰かの商品を購入する事で、生活経済市場へ還流させ無ければなら無いのです。

 これが出来ればデフレなんて起きる筈も無いのです、こんな事は「経済を運営する」視点から見れば中学生にも判る理屈です。(欲ボケ)してなければね!。欲ボケどもは「経済」を経営視点で見るから「縮小均衡(デフレ)」に嵌り込むのです。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kagee.blog23.fc2.com/tb.php/388-93fe6f34
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

★Hサイトからのスパムが激しいのでコメント&T/Bは承認制にしました、表示までに半日程度かかりますがご容赦下さい。

景山 恵司

Author:景山 恵司
FC2ブログへようこそ!


岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

オールタナーティブ・インテリジェンス

経済コラムマガジン2

最近の記事

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

愛読書&最近読んだ本



貨幣の思想史

昭和恐慌の研究

働くということ

トービン税入門

イギリス経済思想史

21世紀の資本


月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: