Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kagee.blog23.fc2.com/tb.php/46-1cf24258
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

スモール イズ ビューティフル

スモール イズ ビューティフル―人間中心の経済学講談社このアイテムの詳細を見る




確かに著者の捕らえている経済社会の課題は、現在でも凡そ解決とは程遠く、更に深刻化している。しかし、社会は当分彼の説く方向には向かわ無いだろう、現在の多くの人々の価値観とは懸け離れ得て居るからだ。

一部には支持者も居るし今後とも増えては行くだろうが、社会の主勢力と成るには「価値観の逆転」或いは「価値観の断絶」が必要だろう。





少なからぬ国に於いて、「取り敢えず今日の食料が問題であって、10年先の事を考える余裕は無い」等との声を聴く。しかし、こう言った声は食料にも困っている貧困層より、その国の中でも特権的に裕福な層が発信して居る。実際に援助が実施されても、その多くがこれら貪欲層の欲望の充足に。費やされ、困窮者の手に渡るのは一部に過ぎない事が多い。





http://homepage3.nifty.com/1000sun/Zambia/Other/Z_FoodCrisis.html





又、上の様に援助現場に「疑惑の介入」をし、「貪欲」を満たそうとする勢力により歪められて、返って悪化させているケースも少なくない。





こう言った現代人の特質から見て、単に広く知らしめるだけでは効果は期待薄と言わざるを得ない。人類が種としての生存の危機を迎えるか、外的要因に拠って強制されるか、しか道は無いだろう。少なくともアメリカ型の「貪欲こそ進化の道」に感化されている状況では、知性に従う人々は少数に止まらざるを得ない。





社会に影響力を持つと言う事は、発信した情報を人々が理解し受け入れた、と言う事に成る。其れには発信者は人々から懸け離れず、少しだけ進化している事が必要なのだろう。漸進的な情報に留め、少しづつ少しづつ導く事が、受け入れてもらうコツなのかも知れない。しかし、反動勢力も黙って眺めてはいないだろうし、現実の進行も止まっては居ないのだし、社会の方向転換が早いか破極点への到達が早いのか、其れほど遠い将来ではない精々数十年で答えが出て仕舞いそうだ。




スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kagee.blog23.fc2.com/tb.php/46-1cf24258
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

★Hサイトからのスパムが激しいのでコメント&T/Bは承認制にしました、表示までに半日程度かかりますがご容赦下さい。

景山 恵司

Author:景山 恵司
FC2ブログへようこそ!


岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

オールタナーティブ・インテリジェンス

経済コラムマガジン2

最近の記事

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

愛読書&最近読んだ本



貨幣の思想史

昭和恐慌の研究

働くということ

トービン税入門

イギリス経済思想史

21世紀の資本


月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。