Entries

壮大な企み

壮大な企みを始めた人が居る。

「木村剛」との論争を継続中のnight_in_tunisiaさんのところへのトラックバックでH.A. Economics さんが、「ミクロの囚われ人」へマクロ経済の解説を一から遣ろうと言う。

確かにマクロ経済「リフレ派」と「ミクロの囚われ人」との論争は、其の用語からして意味が違うのは周知の事実でしょう。

しかし、元々「ミクロの囚われ人」は自らの利益の為に「我田引水」の論を、巧言令色を唱えているのであり、自らの利益さえ確保できれば国の経済が如何成ろうと知った事ではないのです。益して国民大衆が飢え様と国が崩壊し様と如何でも良いのです、日本が無くなれば米国でも中国でも蓄えた資産を持って移住するだけの事でしょう。

したがって、直接自らの利益に繋がらない話を理解する姿勢は求め様が無いのです、そんな事は彼らにとって何の利益にも成らないからです。

例え、リフレ派の論に対して納得せざるを得なくなっても、彼らの求めるだけの利益を得られると思えなければ、こじつけても反論を通すでしょう。





益して経済担当大臣とつるんだ者が、対峙するリフレ派に言い負けた、或いは共感したと有っては帰る我が家を失うでしょう。





彼らとの議論が何時でも、何処までも平行線に終わるのは其の所為です。

解っていても、否、解れば解るほど、解ったとは言わない訳です。

「ミクロの囚われ人」本人を対象とするのではなく、惑わされている人達への「問いかけ」であれば意義も生まれるかも知れません。





しかし、経済学部で数年間かかる学問をどれだけの期間で遣ろうと言われるのか、如何に実態経済の経験者を相手と言えど、理解し様と言う姿勢の無い者を相手に、ミクロ(我欲)にのみ拘る者を相手に・・・大変な企みだと思います。





御健闘を祈ります。



                               by狂愚男






スポンサーサイト

3件のコメント

[C9]

偶然こちらでうちのblogについて書いているのを見つけてしまいました。

ありがとうございます。



僕はキムタケさん個人と論争するつもりはあまりありません。狂愚男さんのおっしゃるとおり、議論の周りの方々、特に「キムタケさんかっこいい!だから言ってることも正しいに違いない!!」と思っている方々に、どちらが正しいのか考える土台を得て欲しいというか、考えるきっかけになればいいなあと。



[C10]

気楽にマイペースにやっていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。

それでは。

[C11]

見付かちゃいましたか・・・。

HAさん、はじめまして! 年甲斐もなく理性を失いぎみの「気韻頭日記」へようこそ。



自分が理解する事と、其れを他人に理解してもらう事の超えがたいギャップに押し潰されてます。

理論的にも文章力的にも、尽くづく勉強不足を痛感していますので、皆さんのご活躍を願うばかりです。



こちらこそ宜しくお願い致します。
  • 2004-09-11
  • 投稿者 : 狂愚男
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kagee.blog23.fc2.com/tb.php/59-046ca8f4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

★Hサイトからのスパムが激しいのでコメント&T/Bは承認制にしました、表示までに半日程度かかりますがご容赦下さい。

景山 恵司

Author:景山 恵司
FC2ブログへようこそ!


岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

オールタナーティブ・インテリジェンス

経済コラムマガジン2

最近の記事

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

愛読書&最近読んだ本



貨幣の思想史

昭和恐慌の研究

働くということ

トービン税入門

イギリス経済思想史

21世紀の資本


月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: