Entries

身内企業に不明朗融資

木村 剛氏に関しては「二足のわらじ」だと「再び金融庁と『木村剛』」で指摘した所だが6/11日東洋経済に「身内企業に不明朗融資」と題して記事が掲載された。明日月曜日発売の最新号にも追加記事が掲載される予告が出ている。





所詮、小泉・竹中の「我欲至上コンビ」とつるむような連中は、証拠が挙がっているかかどうかの問題で「汚濁」にまみれているのは周知の事実だが、此れも其の一つでしょう。以前には社会のリーダー的立場にある者は、犯罪では無いにしても疑われるだけでも「恥」として忌避したものですが、「我欲至上コンビ」につるむ連中は寧ろ「自慢」げにすら見え社会の倫理崩壊を主導している様に見える。週刊木村剛に見られるように居直っているのか自慢しているのか。





竹中平蔵の「逃税 」は有名ですがこんな履歴者を、国の経済運営の中心に置く首相も同様の感覚の持ち主と言う事でしょう。



                                  by狂愚男




スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kagee.blog23.fc2.com/tb.php/98-5c038cc3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

★Hサイトからのスパムが激しいのでコメント&T/Bは承認制にしました、表示までに半日程度かかりますがご容赦下さい。

景山 恵司

Author:景山 恵司
FC2ブログへようこそ!


岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

オールタナーティブ・インテリジェンス

経済コラムマガジン2

最近の記事

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

愛読書&最近読んだ本



貨幣の思想史

昭和恐慌の研究

働くということ

トービン税入門

イギリス経済思想史

21世紀の資本


月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: